• 丸善かまぼこ
  • 商品紹介
  • 製造工程
  • お知らせ
  • まるぜん通信
  • 会社概要

  • 合資会社 丸善
  • [本社工場]
    〒901-2126
    沖縄県浦添市宮城5丁目9-15
    TEL:098-878-1055
    FAX:098-878-1030
    info@maruzen-kamaboko.com
  • [市場支店]
    〒901-2128
    沖縄県浦添市伊奈武瀬1-11-1
    沖縄県中央卸売市場内
    TEL:098-865-2117

まるぜん通信


TOP  > まるぜん通信


チキアーギのお話

チキアーギのお話

 琉球はその昔、当時の島津藩によって統治されていました。それまで琉球では中国福建省から伝えられた魚のすり身を油で揚げたものを チキアーギ(野菜てんぷらは、アンダーギ)として食べていましたが、その時に島津藩の人がチキアーギ(野菜てんぷらは、アンダーギ)を大変気に入り薩摩に持ち帰ったとされています。そこから全国に広まっていったと言われています。
 琉球のチキアーギが転化して関東では、油揚げかまぼこのことを「さつまあげ」関西では、油揚げかまぼこのことを「てんぷら」 そして鹿児島(薩摩)では、油揚げかまぼこのことを「ツケアゲ」としてそれぞれの地域で独自のおいしさを作り出していきましたと言われています。


















▲ページトップへ